福祉タクシー【開業】

【福祉・介護タクシー開業】運転手の適性診断は個人事業でも必須!

福祉・介護タクシー適性診断

田舎で福祉タクシーを運営しています、NANAです。

福祉タクシー、介護タクシーに限らず
輸送関係の運転業務に携わる場合は、
適性診断を受ける義務があります

事故歴がある場合、経過年数によっては、
適性診断の受診内容が変わってきますので、
受診前に、運転記録証明書を取り寄せて、確認しましょう。

 

 

この記事では、適性診断の概要、受診方法、費用について
私の経験を元にご紹介します。

 

実施機関

適性診断は、
独立行政法人自動車事故対策機構 NASVAが実施しています。

NASVA = ナスバ と読みます。

国土交通省が認定する適性診断の指定機関です。

独立行政法人自動車事故対策機構 NASVA(交通事故)
独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)のサイト、自動車・チャイルドシートの安全性能評価の情報、運行管理者等指導講習、運転者適性診断による自動車事故の発生防止、介護料の支給、育成資金の貸付、家庭相談など自動車事故被害者や交通遺児への支援等役立つ情報を掲載しています。

また、NASVAは
安全運転の推進、自動車事故の発生防止の取り組みに加え、
事故被害者の支援を行う専門機関でもあります。

交通事故による怪我等の
治療やリハビリを行う専門病院の運営や、

後遺障害により要介護状態になった場合の
介護料の支給支援を行っています。

NANA
NANA

私は運輸局での開業前講習会で、NASVAを知りました。
交通事故の被害者支援はありがたい取り組みですが、
職員さん曰く「意外と知られていない」ようです。

 

もし、交通事故によって大変な思いをしている人が
周囲にいらっしゃったら、ぜひNASVAの支援があることを
伝えていただけたらと思います。

必要な人必要な情報が届きますように・・・!

 

対象

適性診断を受ける対象は、
下記のように定められています。

  1. 死者又は負傷者(自動車損害賠償保障法施行令(昭和三十年政令第二百八十六号)第五条第二号、第三号又は第四号に掲げる傷害を受けた者をいう。)が生じた事故を引き起こした者
  2. 運転者として新たに雇い入れた者
  3. 乗務しようとする事業用自動車について当該旅客自動車運送事業者における必要な乗務の経験を有しない者
  4. 高齢者(六十五才以上の者をいう。)

 引用:旅客自動車運送事業運輸規則 第38条2項2

個人開業無事故無違反の場合は、
「新たに雇い入れた者」と「高齢者(65歳以上)」に該当します。

開業前65歳になる年に、適性診断を受けましょう!

 

受診内容

適性診断は、パソコン画面を見ながら、
パソコンと接続された簡易ハンドルを操作して行います。

注意力、判断力、動体視力、周辺視野測定、
性格テストなどのテストがあります。

眼の動き集中力を要すテストが多いため、
ちょっと疲れるかもしれませんが、

隣とは間仕切りがあり、
他の音が聞こえないようにヘッドフォンをするので、
比較的集中しやすい環境になっています。

NASVAの動画を見ると、適性診断の理解が深まりますよ。

適性診断について(日本語)

 

種類・時間・費用

適性診断の種類は、一般診断と義務診断があります。

一般診断

任意の診断です。

定期的に事業者が運転手の受診を促し、
安全運転の意識向上につなげています。

 所要時間診断費用
一般診断80分2,400円

 

義務診断

 所要時間診断費用
初任診断100分4,800円
適齢診断100分4,800円
特定診断Ⅰ2時間9,300円
特定診断Ⅱ5時間29,900円

 

初任診断は、「新たに雇い入れた者」が受けます。

個人事業で自分が運転手の場合、
自分は雇用されていない運転手ですが、
「新たに雇い入れた者」と読み替えてください。

適齢診断は、65歳になったら受けます。

特定診断は、運転手が過去に事故を起こした場合、
その事故内容(死亡事故、重傷事故、軽傷事故)と事故歴により、
またはを受けます。

 

申込方法

事前予約制です。

予約サイト、または電話FAXで申し込みをします。

会場、開催日、電話連絡先は、下記にてご確認ください。

 

個人事業の場合は、電話FAXで申し込みしましょう。

予約サイトで申し込みをするためには、
利用者登録(IDパスワードの設定)が必要です。

個人事業の場合、
適性診断を受けるのは、人生で最低2回だけです。

ID登録をすると情報管理が必要です。
パスワードを忘れると、また再設定が必要です。

そもそも、登録したことを忘れる可能性もあります。

電話だと、予約に加え、
分からないこともその場で質問できます。

気持ち的に楽な方法を選んでくださいね。

コロナ感染症の予防のため、
実施状況は随時変更になる可能性があります。
必ず最寄りの支所に確認しましょう!
 

当日の流れ

受付

当日は、時間に遅れないように会場に行きましょう。
まずは受付で申し込み確認受診料の支払いをします。

領収書(レシート)は必ずもらいましょう。
開業費として経費にできます。

 

適性診断

パソコン画面を見ながらのテストです。

ゲーム感覚でできるので、
気を楽にして受診しましょう。

眼鏡や老眼が必要な人は、必ず持参してくださいね。

 

診断票発行

テスト終了後、すぐにデータが分析され、
安全態度、運転適性、危険感受性などの診断結果が出ます。

NANA
NANA

結果が出るまで少し時間がかかります。
その間に疲れた目を休ませましょう!

 

できたてホヤホヤの診断票2部配布されます。

 

個人用と、事業主用です。
記載内容は若干違います。

会社に出す場合は、事業主用のものを提出しましょう。

個人事業主の場合は、運転手として、事業主として、
2部それぞれの記載内容を確認し、今後の運転の参考にしましょう。

診断票の見方は、NASVA職員さんが説明してくれます。

 


この記事は以上です。

適性診断を受けることで、
自分がどんな場面で不注意になりやすいか
把握することができます。

診断結果を、安全運転につなげましょう!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました